視力

レーシック、コンタクト、メガネそれぞれの特徴

レーシック・コンタクト・メガネにはそれぞれに良いところ、悪いところがあります。
なので何が自分に合っているのか判断して使用することが大切になります。
まずレーシックはこの3つの中で一番目への負担は少なく、手術の成功率は9割とも言われており乱視の方も手術が行えます。
レーシックで視力が回復する理由はこちらを参考にしてください。

しかし、レーシックを受けてしまうと不満があったとしても二度と手術前には戻りません。
手術を行う場合はもし効果が期待したほどでなくても後悔しないよう、後のこともしっかり考えなければいけません。
レーシックのメリット・デメリットがわかりやすくまとめられています。
術後しばらく制限されることも多いようなので、どういった制限があるのかも事前に知っておきましょう。

コンタクトの特徴と言えば、ソフトとハードのコンタクトの二種類がまずあります。

1日で交換するものから半永久的に使用できるものまであり、種類も幅広くあるので自分に合ったコンタクトを試しながら幅広く選ぶことができます。
このソフトとハードにもそれぞれの特徴があり、ソフトコンタクトは初心者でも目に自然と入っている感じなので扱いやすいです。
ですが、汚れがつきやすかったり目の異常に気付きにくいため病気になりやすいデメリットがあります。

ハードコンタクトは固いので目に不快な感じが残りやすいので、慣れるまでには時間がかかりますがソフトとは違い、長時間の装着ができることが特徴的です。
次にメガネは目の中に入れたり、手術をするということは一切ないので小さいお子さんから年配の方まで幅広く使用することが簡単にできます。
メガネにはプラスチックとガラスがありますが、プラスチックは軽いので使用感がとても自然であります。

また、ガラスは割れやすいですがキズには強いですからその状況に合わせて様々なメガネを使用できます。
メガネとコンタクトは使用している間に視力が低下してしまうというデメリットがありますがレーシックはそのようなことはありません。
このように様々なメリット・デメリットがあるので自分にとってどのようなものが合っているのかじっくりと選んでみましょう。
そうする事で、快適な生活を送れるようになります。
レーシックが人気の理由はこちら。