視力

レーシックを受けられる対象者は?

まずレーシックとは、高精度のレーザーにより屈折を照射することで視力を回復する矯正視力回復手術のことを言います。
このレーシックは近視の方だけでなく乱視の方も矯正することが可能なので、多くの方が手術をうけるようになり安全性も高いと言われています。
レーシックは向き不向きがあり、まず第一に挙げられるのはコンタクトや眼鏡の際日常で不便に感じる方や運動をする方にはとてもレーシックは向いています。

コンタクトや眼鏡の場合、ずれてしまったり汚れて見えにくくなる場合がとても多いです。
しかし、目が疲れやすくなってしまいますのでレーシックのように目の負担を軽減できるものはとても魅力的なものなのではないでしょうか。
片目だけが悪い方も、どうしても良い方の目を無意識に使ってしまっているので片頭痛などの原因になっている方も少なくありません。

このようなケースもレーシックを行い、視力のバランスをとることで改善されることでしょう。
次に不向きの方は、レーシックの手術を行う場合まず大事になるのは角膜の厚さになりますのでこれが薄い方はレーシックの手術を行うことができません。
こちらにレーシックが受けられる条件がかいてありますので参考にしてください。
そして、適応検査に異常がなければ20代の方はうけれない理由は特にありません。

ですが30代を越えてしまうと老眼になってしまっているケースが少なくないため、老眼の場合は手術が出来なくなってしまいます。
また、未成年の場合も視力も成長段階な為、レーシックをうけたとしてもどれだけ視力が回復するかは分かりません。
また、効果も安定したものではないためあまりお勧めはできません。

どのような場合でもまずは、適応検査をうけ主治医に相談することで手術を行うことも可能な場合があります。
なので、術後に仕事の妨げになる方や妊娠中・授乳中の方以外の場合はまず病院に行き相談してみることが大切です。
そして、レーシックを行っている病院ならばどこでもいいというわけではありません。

ですので、検査がしっかりとしている所や新しい機械を導入している病院など、調べてから病院を訪ねることをお勧めします。