視力

レーシックは視力が回復するまで数ヶ月

レーシックを受けたからといって、手術後や翌日から完全に視力が回復し普通の生活ができるとは限りません。
完全に回復するには、とても個人差があり大体3か月は回復する期間を考えておいた方が良いです。
また、その期間までに仕事などで生活に支障が出る場合もありますので、手術後のこともしっかりと考えておかなければなりません。
また、レーシックでかかる費用がどのくらいなのかもあらかじめ調べておきましょう。

手術後は基本的にぼんやりとした視界であり、レーシックの手術の種類によっては手術後の麻酔が切れた後痛みがある場合もあります
なので、痛み止めの目薬(いわゆる麻酔に近いものです)や炎症を抑えるなどのために内服薬を服用しなければいけない場合も多くあります。
レーシックを受けた翌日になると、ぼんやりとしていた視界が少しずつハッキリと見えてきます。

ですが、まだまだフラップが安定していませんので衝撃などを与えないよう気を付けなければいけません。
一週間ほど経つとそれまで、手術後にドライアイや充血になる方も少なくないのですが一週間程度で治まってきます。
しかし、フラップが安定していないので就寝時に眼帯をつけるなどをして、無意識に目をこすったりすることを防ぐ必要があります。

3か月程度経ちますと、大体の合併症などの症状はたいていの方は落ち着いてくるとされており、比較的視力もフラップも安定してきます。
術後の検診は、基本的に術後の翌日・一週間後・三か月後となっており、三か月目で何も異常がなければここで終了となります。
基本的なレーシックはこのような流れで視力が安定してきますが、最近ではレーシックにも様々な手術方法があります。

また、レーシックの事前検査で不向きだとされ受けることが出来なかった方などが行う方法があるのです。
なので、視力が安定する期間も変わってきますので手術後どれだけの期間、視界が見えにくいのか合併症を起こした際、ある程度の期間で治まるとされています。
ですが、その期間がどれほどなのかもしっかりと確認しておかなければいけません。
また、レーシックには種類がありますのでこちらをご覧ください。