視力

レーシック手術の相場は20万円前後

レーシック手術は、保険適用外の手術になるので病院ごとに金額を決めることが可能になります。
ですから、値段が安く提示されている病院もあれば一番安いクリニックと倍ほど違う金額のクリニックもあります。
事前にクリニックによっての金額を確認することが大切です。

ですが、ホームページなどに提示されている金額は手術費用だけの場合や事前検査は別料金・全て込みになっている金額など提示のされ方もバラバラになっています。
なので、しっかりと確認をとらなければ後から「金額が違う」と感じてしまうケースもあるので気を付けましょう。
金額をクリニックごとに定めることが出来るからといって、金額が安いクリニックにレーシックの手術をお願いしようという決め方は必ず避けてください。

金額が高いクリニックにはきちんとした理由があり、それはやはりアフターケアや機械がどれだけ最新のものを導入しているかで変わってくるようです。
手術後は合併症を起こす場合や、必ず視力が上がるというものではありません。
なのでしっかりとしたアフターケアを受けることができるクリニックの方が安心して術後を過ごせるのではないでしょうか。

相場の20万円という金額は保険適用外ですし、この金額を出すのであればコンタクトやメガネを使用するという方もいるかもしれません。
しかし、そうなると目に負担がかかる生活を続けなければいけませんし、視力はどんどん低下していくことになりますので、メリット・デメリットを考えても安いのかもしれません。
また、保険適用外でも個人の生命保険でレーシックが対象の場合があります。

ですので、自分が加入している保険会社に一度確認してからレーシックを受けるのか考えることも大事になってくるでしょう。
他にも10万円を超える医療費は申告をすると一部戻ってくる医療費控除というものもあり、レーシックは基本的には対象外ですが税務署によっては対象になる場合もあります。
なので、自分の地域を調べることでも金額を抑えることが可能でしょう。