視力

レーシックは失明の危険性が低い手術

レーシックの手術を考えている方の多くに生活の中でとても重要な目が失明してしまうのではないかと心配している方は多くいるのではないでしょうか。
しかし、レーシックの手術は他の白内障などといった疾患の手術より、充分簡単な手術とされており世界的にもまだ失明の症例は発表されておりません。
失明の危険性は低いのですが、合併症や視力があまり回復されないというケースは少なからずあるので、こちらの危険性や可能性のことを考えた方がよろしいかもしれません。
レーシックのメリットデメリットはこちらをご覧ください。

まず、合併症なのですが、夜間の視界が見えにくい状況になってしまうハロという症状や、夜間、車のライトなどが手術前よりも以上に眩しく感じやすくなってしまうグレアがあります。
他にも、目の異常が分かりやすいものの代表となる、目が乾きやすいドライアイも合併症の中に存在します。
しかし、合併症は自然と治るケースがほとんどであり、手術前に合併症などの説明があります。

ですが、合併症が起きる可能性のデメリットよりもレーシックを受けるメリットの方が、魅力的だと感じる方はレーシックを受けますが、自分で判断することが大切だと言えます。
そして、合併症の他にレーシックを受ける際考えてほしいことは、視力が回復しないケースもあるということです。
全く視力が回復しないというケースはほとんどありませんが、使用していたコンタクトやメガネと同等な視力に回復しないというケースもあるのです。

そして、レーシックを受けて視力が理想通り回復したとしても、視力が戻ってしまうケースもあり、レーシックは今の視力を回復する手術だということを忘れないで下さい。
年をとるにつれて、近視などが進行してしまう場合や、老眼になることは仕方がない部分があります。
なので、レーシックを受けたのに何故視力が落ちるのかという考えは少し間違っている部分があるのです。

このように失明の危険性は低い手術ですが、他の可能性を否定できないので様々な可能性を考えてレーシックを受けるのか判断することが大切だと言えるでしょう。