視力

レーシックを受けたほとんどの人が視力1.0以上に

レーシックを受けたいと考えている方の中には本当に視力が回復するのかと、心配している方は少なからずいるのではないでしょうか。
疾患では無く比較的に簡単な手術ではないと言われても、やはり目の手術というものは恐いものがありますよね。
しかし、レーシックは失明の症例は今までに世界中では一切ありません。

そして、約90パーセントの方々は以前使用していたコンタクトやメガネと同じように1.0以上の視力に回復したとされています。
残りの一割はどうなっているのかというと、ある程度までは視力が回復しても1.0以上にはならず期待外れになってしまったという場合があります。
その場合は、手術後ある程度の期間が経つと視力が低下してしまうという場合、軽い遠視や乱視になるというケースがあります。

これらは、最近では機械も最新のものが導入されていますので、減少はしてきていますしある程度の期間が経つと症状が治まるというケースがあります。
なので、合併症と同じで一定のフラップが落ち着くまでの期間などには個人差がありますから、人それぞれで症状も変わってきてしまいます。
レーシックはメスを使用するなどといった手術とは違いレーザー治療ですが、手術は手術なのでリスクやデメリットが全くないかと問われるとやはり、それは言い切れません。

また、クリニックの選び方もこれらにとってはとても重要になり、視力が上がらなかったという場合は次のように考えられます。
機械の性能が最新のものでない場合や、主治医の技術面に問題があったりとされる部分もありますので、クリニックを選ぶ際は慎重に選択することが大切といえるでしょう。
また、もう一つ重要なことは事前検査や手術前にコンタクトを装着しなかったかという点にあります。

しっかりと主治医の指示に従い、コンタクトを装着することを禁止していれば大体は視力の回復はほとんどの方が心配ありません。
ですが、守らなければ角膜が圧迫され正常な形に戻っていないまま手術を受けてしまう方もいらっしゃいます。
しっかりと守ることで視力の回復は期待できると考えられます。