視力

今や老眼も治療できるレーシック

まず老眼は40代前後で始まり、水晶体の調整力が弱まってしまい近くのものが見えにくくなってしまう症状のことをいわれます。
老眼は一度始まってしまうと治療することが不可能だといわれております。
また、一般的なレーシックでも視力を回復することが出来ても老眼には効果がないとされて諦めていた方は多くいました。

しかし、特別な治療とされている老眼矯正レーシックという治療法で、老眼自体を止めることは出来なくても以前のように近いものなどを見ることが可能になるとされています。
この老眼矯正レーシックは一般的なレーシックとは違いレーザーなどを使用しません。
ですから、比較的にレーシックよりも安全で、時間も3分から10分と短いので身体への負担は少ないといえるでしょう。

手術を行うことが出来る方には条件があり、40歳から60歳の方がまず対象になりコンタクトやメガネなどの矯正器具が無くともハッキリ見えることが条件となっています。
そのため、一般的なレーシックを行い視力を回復させてから老眼矯正レーシックを行う方もいらっしゃいます。
また、老眼矯正レーシックを行う為にはレーザーではなく、高周波を使用するのですがこの高周波は様々な治療などで使用されています。

そのため、安全なものではありますがペースメーカーを使用している方には影響を及ぼす可能性がありますので、このような方は老眼矯正レーシックを断念しなくてはなりません。
手術費用は全額実費となり、30万は最低考えておかなければなりませんが病院によって異なりますので、一度病院で相談することが大切です。
また、一般的なレーシックよりも手術後の検診はこまめに通わなければいけなく、術後翌日・一週間後・一か月・2か月・3か月後・6か月後とあります。

なので、遠方の方は入院なども視野し入れておいた方が安心でしょう。
そして一番大切なことは、比較的に簡単な手術であり身体の負担は少ないですが、やはり術後はしっかりとした休息が必要であり、目に負担がかからないようにしなければなりません。