視力

レーシック手術の前はコンタクトを控えて

レーシックを受けるためにはまず、事前検査が必要になりますがレーシックを受ける方の多くはコンタクトもしくは、メガネを使用していますよね。
コンタクトの場合は事前検査、そしてレーシック手術前にコンタクトを使用することが近視となるのです。
この理由は、コンタクトを使用していると角膜が圧迫されているために目の表面の形が変化してしまいます。

そして、手術後の見え方に誤差が出る場合もありますからしっかりと決められたことは守らなければいけません。
少しだけと思い、一時間装着しただけでも角膜は圧迫されてしまいます。
なのでメガネを使用することや、事前検査から手術の日程までの日にちをしっかり計画する必要がありますので、注意しましょう。

また、ハードコンタクトとソフトコンタクトでは装着を禁止する期間が違います。
ソフトコンタクトレンズは3日から1週間は禁止し、ハードコンタクトレンズは1週間から3週間とされています。
この期間は、それぞれの病院によって方針が違うため決まりはあります。

ですが、いずれにしろ角膜の変形を戻すためにはコンタクトレンズを外すことはどの病院でも行わなければいけません。
事前検査の前にコンタクトの装着を禁止することも同様の理由であります。
なので、角膜が正常な形でない時点で検査を受けると正常な結果を出すことが難しくなり、期待する視力の回復は難しくなると考えていた方がよいでしょう。

軽い気持ちでメガネをかけることが嫌だとコンタクトを装着することによって、手術を受ける意味が無くなってしまう場合があります。
そうならないためにも、自分の判断だけで行う行為は自分の身体に何かしらの影響が出てしまう可能性があるということは忘れてはいけないことです。
コンタクトを装着してしまうと、病院側を責めることは出来ません。

コンタクトはそれだけ目に負担がかかってしまっているということがこのことによってよく分かることでしょう。
手術後にコンタクトやメガネを装着しない、不便な環境や目への負担が無くなることを考えるとコンタクトを外している期間は長くないと考えられます。