視力

レーシック手術と白内障手術は別物

まず、白内障とは水晶体が主な原因となってくるのですが正常な方は透明で光りをしっかりと通します。
ですが白内障の方は水晶体が白く濁ってしまうために見え方も白く霧のかかったように光が見えにくくなってしまい、生活をするにあたりとても危険な状態です。
レーシックは、コンタクトやメガネの方が視力を矯正するために受ける手術であり、疾患を治すものではありませんので、白内障の手術とは異なります。

白内障の手術は濁ってしまっている水晶体の部分を、砕き吸い取り眼内レンズというものを挿入する手術であり、眼内レンズには二つの種類に分かれます。
単焦点・多焦点レンズに分かれ、ピントを一つの点に合わすのか複数の点に合わせるかで生活が変わってきます。
ですが、多焦点レンズは保険適用外であり単焦点レンズは老眼鏡が必要となってきます。

なので、保険適用外となっても老眼鏡を使用したくないという方はやはり、多焦点レンズを選択することが重要になってきます。
基本的には白内障の原因は老化が原因とされていますので、支障がないのであれば単焦点レンズで老眼鏡を使用するかご自分の判断で決めることがよいでしょう。
レーシックの手術では、主にレーザーを使用しフラップの部分を照射し補正します。

フラップを戻し終了なので手術を行う時間は長くても30分程度で終わる、比較的には簡単な手術となっております。
フラップは時間が経つと自然に角膜に張り付くのですが、それまでは激しい運動などは控え目に負担がかからないように心がけることが大切となっております。
また、レーシックは美容目的の手術とされておりますので保険適用外とされています。

そしてレーシックと白内障を一緒に受ける手術ができるレーシック白内障手術というものもあります。
その金額は一般的に白内障を受けることよりもやはり金額は上がりますが、どの方法が自分の生活に合っているのか見極める必要があります。
それぞれ手術の方法も違いますから主治医としっかりと話し合うことが大切になってきます。