視力

多くの芸能人が受けたレーシック

芸能人は生活リズムも仕事でバラバラになりやすいです。
ソフトコンタクトレンズのような長時間の装着は避けてほしいとされているものは、長時間の時間をされる芸能人の方などはどうしても付けることができなくなりますよね。
そこで、人気があるのはメガネではなくレーシックになってきます。

また、芸能人だけでなくコンタクトのように外れてしまったり、ずれてしまったりということがありません。
なので、激しい運動をしなければならないスポーツ選手などにも人気があり、スポーツ選手ではタイガーウッズさん・松坂大輔さん・杉山愛さん。
芸能人では、松本伊代さん・熊田曜子さん・坂下千里子さん・清水圭さんなど他にも様々な方がレーシックの手術を行っているとされています。
ここでレーシックとメガネとコンタクト、徹底比較もしてみましょう。

レーシックにも種類が様々ありますが、その中でも芸能人やスポーツ選手に人気のあるレーシックはエピレーシックのようです。
エピレーシックの特徴としては、激しい運動を行う方や角膜が薄い方でも受けられるレーシックだということです。
また、エピレーシックは従来のレーシックよりも回復が遅いので手術後視力が安定するまで時間がかかります。

なので、心配される方もいるようですがその分視力の回復や視力の安定度は期待できるものとされています。
デメリットとしてはこちらは個人差がとてもあるのですが、角膜の上層部分を削るのですがその部分は痛みを感じる部分とされております。
また、麻酔がきれると猛烈な痛みを感じる方も多くおられます。

麻酔に近い目薬や内服薬を使用し、痛みを抑えることができ数日経てば治まりますが生活に支障が出てしまう方もおられるでしょう。
現在では最新の機器が導入され、エピレーシックよりも高性能なレーシックを受けることが可能です。
ですが、格闘家などの激しい運動をされる方はエピレーシックが一番お勧めできるレーシックとなっております。

レーシックは多少ともリスクはあります。
ですが、コンタクトなどで装着している間はずっと目に負担がかかっているものよりも、安定した視力を手に入れれば安全なものなのでとてもお勧めできます。

下記サイトにレーシックを受けた芸能人が載っていましたので、よろしければご覧ください。