視力

レーシックを受けるときは合併症について十分な理解を

レーシックは基本的には他の目の疾患の手術よりも簡単で、時間も短いため身体への負担も少ないのです。
また、失明の危険性も今のところは、世界でも例がないとされている安全な手術とされています。
しかし、可能性は低くても合併症などの可能性がありますので、十分に説明を受け手術を受けるのか自分で判断することが大切だといえます。

合併症には様々なものがあり、夜間の光の周りに霧がかかったように見えるハロー現象や、眩しく見えることで生活に支障をきたしてしまうのです。
グレア現象、涙の量が調節できなくなり目が乾きやすくなるドライアイなどが代表的です。
これらの合併症は、レーシックの手術を行う方のほとんどが経験されるといわれており、個人差があるのですが基本的には短くて数日、長くても半年ほどでなくなります。

ところが、最悪一生治らないというケースもありますのでメリットとデメリットをよく考えて手術を受けるかという判断が必要になってきます。
最後に、病院側や元々の目の異常があるのではなく、本人が原因となる合併症もあるのですが、手術後はあまり目に負担をかけてはいけないとされています。
しかし、目を圧迫するなど衝撃を与えてしまった場合や長時間や暗い場所でのデスクワークやテレビが原因となる再近視化という症状があります。

元々強度の近視の方や乱視の方でも再近視化になってしまう場合もあるのです。
ですが、せっかく手術を行い視力を矯正しても戻ってしまっては意味がありませんので手術後の目への負担は出来るだけ避けるようにしましょう。
また、これらの合併症などは病院のレーザー機械や、技術的なレベルによってとても左右される部分があります。

ですので、大切な部分でいうと手術を受ける前の事前検査や様々な説明や、診察も大事になります。
なので事前検査の金額が無料だからこの病院に決めるといった決断や、手術の金額で決めることだけはお勧めできません。
目は生活をする中では大切な身体の一部になりますので、失明のおそれが無いとしても慎重に考えましょう。
こちらにレーシックの体験談が書かれていますので。参考にしてください。
http://www.software2have.com/