視力

不正乱視の方にはウェーブフロントレーシック

不正乱視の方は角膜の表面がデコボコになってしまっている為に歪みなどがあり見えにくいです。
どうしてもメガネを使用することが難しいですし、ソフトコンタクトレンズも密着しないのです。
ハードコンタクトはコンタクトと角膜の間に涙が入ってくれるため使用することができます。

しかし、ハードコンタクトレンズの違和感が苦手な方も少なくないため、お勧めな矯正方法はウェーブフロントレーシックなのです。
ウェーブフロントレーシックを受ける際には必ず守らなければいけない点があります。
レーシックを受けるためには事前に検査を受けるのです。

ですが、硬いハードコンタクトレンズを使用している方はその期間、圧迫され変形していた角膜を本来の形に戻さなければいけません。
その為、大体検査前の二週間はハードコンタクトレンズの使用を禁止することが必要であります。
万が一、一時間でも装着してしまうとすぐに角膜が変形してしまうのでこの期間は必ず守らなければいけません。

同時に手術前も大体二週間は装着できませんので、検査後から手術までは出来るだけ期間を短く計画することで、生活に支障をきたさないでしょう。
ウェーブフロントレーシックは最先端の機器を使用し、今までのレーシックで難しいとされていたデコボコになっている情報や解析が可能になったのです。
また、不正乱視をデータ化し視界の歪みなどを改善させます。

ですので、ウェーブフロントレーシックを行い期待するほどの視力が、あまり回復しないとしても以前より充分に視界が綺麗に見えるでしょう。
ウェーブフロントレーシックの問題点とすれば、オーダーメイドなので時間と費用は他のレーシックよりもかかると考えておかなければいけなくなりました。
また、時間は不正乱視のデータを取得するだけでも一時間はかかりますし、費用は大体10万円から20万円は必要になります。

また、角膜を削る際、深さがどうしても深くなってしまうなどの問題点もありますので、まだまだ改善されるべき手術方法でしょう。