視力

副作用や感染症が少ないイントラレーシック

レーシックは多くの方が行いたいとされている矯正方法ですが、実は副作用や合併症を起こしてしまう方も少なくとも存在してしまうのが現状なのです。
代表的なものでいうと、涙の量が減ってしまい目が乾きやすくなる症状のドライアイです。
ドライアイは、長期間コンタクトを使用していた方が内皮細胞が減少してしまう場合が多くこの症状が出やすい方がいます。

ですが、手術後3か月程度までには治まり、そこで治まらない場合でも点眼薬でも改善することは可能です。
他にも、乱視・結膜下出血・白濁化・サハラ砂漠シンドロームなど様々な症状が出てしまう方もいらっしゃるのです。
手術を行う際にはしっかりと説明を聞き本当に手術を行うのか自分で判断することが大切です。

そこで、感染症や副作用がレーシックよりも少ないとされているイントラレーシックというものがあります。
イントラレーシックでも完全に副作用や感染症がないということでは無く、可能性が少ないというだけということを覚えておかなければいけません。
イントラレーシックは、イントラレースFSレーザーというものを使用し、コンピュータ制御しフラップの断面を直角に作成します。

これによって、フラップを閉じやすくなり、ずれなどの可能性も低くなったのです。
また、レーシックの際にはマイクロケラトームという刃に金属を使用しているので、金属アレルギーの方には危険だったのです。
ですが、イントラレーシックではレーザーでフラップを作るためこの危険は解消されます。

また、レーシックの場合に不向きだった角膜が薄い方や緑内障などの方でもイントラレーシックを行うことが出来る方も多くいらっしゃいます。
ですので、レーシックよりも向いている方が多くいます。

まれに炎症を起こしてしまう中に、間角膜炎といわれるフラップの下で炎症を起こしてしまう場合もあります。
しかし、目薬やフラップの下の洗浄を行うことで改善されるので、あまり心配はしなくても大丈夫です。

正しい知識で,失敗のないレーシック治療をしましょう。