視力

遠視の治療にはイントラレーシック

コンタクトやメガネを使用している方の多くは近視や乱視の方が多いのです。
レーシック自体が近視・乱視の方が受けるものだとされていますが、遠視の方でも受けることが可能なのです。
遠視とは屈折異常が問題ですが、近視や乱視とは違いピントが合わない症状なので年齢が若ければ、屈折力で遠い所なら見えやすいのです。

ですが年をとるにつれて、近くのものも遠くのものも見えにくくなってしまいます。
酷い場合はピントを合わせることに時間がかかるため、目の負担を大きくなり頭痛・肩こりなどの症状が出てしまうため早めに対処した方がいいとされています。
一般的なレーシックは角膜を削る限界が他のレーシックよりも多く残さなければいけないため、遠視が強い方のレーシックは不向きだとされております。

その結果、レーシックを受けることを断念するケースが多くありました。
しかし、イントラレーシックはフラップの作り方がレーシックとは異なります。
イントラレーシックの場合はイントラレーザーというものをコンピュータ制御を使用しながら作成します。

ですが、以前のレーシックは電動カンナのようなマイクロケラトームというものを使用しフラップを作成するところがまず違ってきます。
イントラレーザーを使用するイントラレーシックはコンピュータで制御しながら作成します。
なので、正確さと均一さはレーシックよりも優れますし、フラップを薄く作成することが可能なので、強い遠視の方や乱視の方も可能となっているのです。

軽度の遠視の方は従来のレーシックでも可能な場合もあります。
ですが、やはり正確さなどや視力回復がイントラレーシックの方が優れているとされていますので、イントラレーシックを受けることをお勧めします。
また、手術時間は大体20分前後とされています。

しかし、レーザーを照射する時間は数秒とされていますから、目への負担もレーシックより少ないといえるので金額はレーシックよりも上がります。
ですので、イントラレーシックの信用を遠視の方は試してみるべきではないでしょうか。