視力

レーシック手術のあとはドライアイになりやすい

レーシックではほとんどの方が視力回復に成功させていますが、後遺症に悩まされる方も少なからずおられるのが現状なのです。
後遺症で一番多く挙げられることにドライアイがありますが、ドライアイとは涙の量が減ることで目が乾きやすくなってしまう症状のことなのです。
手術を受ける際、仕方がないことなのです。

ですがレーシックの手術の過程の中で、涙の量を調整する部分を切断しなければいけなくどうしてもドライアイの症状が出てしまうのです。
しかし、この切断してしまった神経は3か月も経てば再生されます。
なので、一生ドライアイで悩まされるという方は少ないのであまり心配することではなく、目薬で一時的でもドライアイの症状を落ち着かせることも可能となっています。

このドライアイの完治には、個人差があり数日で治まってしまう方もいればこのように3か月で治まる方、そして一生治らないという方もいらっしゃいます。
なので確実にどれほどの期間で治るのかという答えは出せない所が難しい部分でもあります。
また逆に元々ドライアイの方はレーシックを受けることができないのかというと、レーシックの手術を受けることは可能です。

また、元々ドライアイの方でもドライアイでない方でも手術後の合併症などの可能性にはそれほど差がないとされています。
そしてどちらにしろ、多少のリスクはあると考えていた方が良いでしょう。
基本的には角膜に異常がある場合や疾患がある方が対象外であり、ドライアイの方は対象外にはなりません。

ですので、その辺りは安心しても良いでしょうが念のため主治医に相談をするようにしましょう。
ドライアイなどの後遺症を避けたい方は、やはり安心できる病院を探すことが一番重要な部分となっております。
また、最近では安い価格でレーシックを受けることができる病院も増えてきていますが、安心を買うことはとても大切なことであります。

後遺症を起こさないためには、しっかりとした事前検査と手術を受けることが可能な病院を遠方でも探すことが大事なことになります。