視力

レーシックで焦点調整して視力回復

まず、目が悪くなってしまう方は焦点が網膜の前や後ろへずれてしまいます。
そして、焦点調整がうまくいかずぼやけて見えるようになってしまうことで、コンタクトやメガネで矯正して生活をしなければいけなくなってしまうのです。
そこで、レーシックの手術でレーザーを使用し、角膜にレーザーをあて見える角度を変えるのです。

レーシックを行う流れを説明していきます。
目の角膜の表面には目を守る保護層というものがあります。
この上からレーザーをあてるだけでは視力の回復を行うことはできません。

なので、保護層をまず保護層を一度除去しますが除去したままですと、手術後に痛みが強過ぎなので最後にはこの保護層を戻す必要があります。
この保護層を丸く剥ぐのですが、この保護層の丸く剥がした部分をフラップと専門用語で呼ばれます。
剥がした部分にレーザーをあてフラップを戻し、終了となり比較的にとても簡単な手術とされていますので手術自体では心配することはあまり無いでしょう。

また、焦点調整を行い視力をしっかりと回復させ、長い期間安定させるには事前検査や手術前にはコンタクトを使用することは禁止されていますのでこれを必ず守らなければいけません。
これには、コンタクトで角膜が圧迫され歪んでしまっている状態をコンタクトを外している期間で元の状態に戻すのです。
ですが、コンタクトを一定の期間外すということを守らなければ視力回復は望めないと思っていた方が良いでしょう。

また、物を見るときは焦点がとても大事に箇所であり、一点に集めて見えているわけではなく、通過する角膜の位置・形状によってばらつきがあります。
なので、このばらつきでぼやけてしまっているので手術を行う際はこの角膜のバランスもとても重要になってきます。
手術後の結果は両目が同じ視力になるとは限りませんが、片方だけ特別に良いといった結果になると良い方で見るように無意識でなってしまうので片頭痛などの原因にもなります。
視力回復の中でもこの調整というものがバランス良く見るために大切になります。